風俗エステで回春マッサージ。元気になったらソープへ行こう。

The women sexy with white bra

マッサージ

Sexy body

風俗エステでは、ヘルスやソープといった普通の風俗と同じように、女の子を選ぶことから始まる。
だが風俗エステならではの特徴が一つある。それは、女の子のプロフィールに、マッサージのスキルが示されていることだ。
デビューしたばかりの初心者から、マッサージの資格を持った玄人までいる。
わたしは、この弱ったムスコを何とかしてもらうために、迷わずマッサージ最高ランク保持者を指名した。

風俗エステではマッサージを主体としたサービスが行われるが、そのサービス内容は店によってさまざまである。
女の子が服を着たままマッサージする店もあれば、水着で体を密着させながらサービスしてくれる店もある。
フェラチオなど、口でのサービスのあるなしも店によって異なる。
ソフトサービスを売りにしている店は、女の子へのおさわりを禁止していることも多い。
わたしのような女の子大好き人間は、ついうっかり手を伸ばしてしまいそうになるから、その点は注意が必要である。

問題の回春マッサージはというと、想像以上の効果だった。
さすがマッサージ最高ランク保持者だけのことはある。フェラも手コキも一級品だ。
そして、回春マッサージならではのリンパやツボを刺激する技術の巧みさときたら・・・!もはや風俗というより、治療をしてもらった気分である。
おかげでわたしのムスコは、若い頃に負けないくらいビンビンに蘇った。もう、怖いものなど何もない。

ちょうエロおやじ

Sexy woman on sofa

わたしは、もう定年退職をしてのんびり日々をすごしているおじさんである。
職場をリタイアし、仕事のストレスがなくなると同時にタバコもやめた。現役時代のように、同僚と飲み歩くこともない。
そんなわたしだが、この歳になっても唯一やめられないことがある。
それは風俗だ。タバコも酒もいらないが、女の子だけはやめられない。ソープやヘルスで若い女の子とプレイするのが、わたしの生きがいなのだ。
わたしは、最近流行りのちょいワルおやじどころか、ちょうエロおやじなのである。

風俗はいい。ほんとうにいい。
こんなアラカンのおじさんにでも、女の子たちは誠心誠意サービスしてくれるのだ。
若くてかわいいソープ嬢に「おじさん、チョースゴイ!」なんて言われると、とても嬉しい。
俺もまだまだ捨てたもんじゃない、と思える。仕事をやめて人から認められることのなくなった男にとって、これがどんなに嬉しい事か、わかってもらえるだろうか?

だがしかし、どんなに気持ちが若いつもりであっても、体の方は年を取っていく。
近頃、わたしのムスコはどんどん元気を失っているのだ。このままでは、ソープやヘルスで存分にプレイを楽しむことができなくなってしまう。
わたしは死ぬまで頑張りたいと思っているのに、こんなところで風俗という舞台を降りることになっては死んでも死にきれない。
そんなわたしを救ってくれたのが、回春マッサージだ。回春マッサージとは、男の精力増強に効果があるマッサージである。
風俗エステで女の子たちに回春マッサージをしてもらえば、わたしのムスコはあっという間に元気を取り戻す。
そしてまたソープに行って、存分にプレイを楽しむことができるのだ。
回春で癒され、精力を取り戻してソープを楽しむ。
風俗とは、なんて合理的にできているのだろう。おかげでわたしは、生涯現役でいられそうである。

起死回生

Woman big breast

若い男性諸君は、普段どうやってムスコを慰めているだろうか。
アダルトビデオや雑誌のグラビアというのが、妥当なところだろうか。
それとも今どきは、パソコンやスマホでエッチな動画を見たりできるのだろうか。
わたしも昔は、ピンク系の映画やビデオで、溜まったものを処理したものである。
それでも、尽きることを知らない泉のごとくあふれる性欲を抑えきれずに、よく風俗へ繰り出していた。

だが近頃は違う。若い頃はビンビンすぎて困るほどだったわたしのムスコが、徐々に力を失ってきたのだ。
慌ててDVDレンタルショップで新しいオカズを仕入れてきても、効果はない。
いつも生の女の子に抜いてもらうことに慣れきっていたわたしは、アダルトビデオを見てもほとんど興奮しなくなってしまっていたのだ。
だが、こんな情けないムスコをもって、風俗に行くことはできない。そう思っていた。
だが、世の中には、元気がなくなってしまった男を優しく迎えてくれる風俗店があるのである。
それが、風俗エステである。最近では、メンズエステとか風俗マッサージとも呼ばれるようだ。
そこでは、女の子が男性客の下半身を中心に、体のあちこちをマッサージしてくれる。
萎えたムスコを元気にするために、あの手この手でサービスしてくれるのである。
わたしは、起死回生を願って、風俗エステにかけこんだ。

モテた方が得

Beautiful woman

風俗に行くなら、風俗嬢にモテた方が得なのです。

風俗でモテる。いきなり何を言い出すんだ、頭がどうかしているのか、と思った方もいるかもしれません。
ですが、風俗を楽しむには、風俗でモテるのが一番です。
「何を言っているのだ!そもそもモテないから、風俗で遊んでいるに決まっているじゃないか」
と思うかもしれません。だからこそ、なのです。

信じられないかもしれませんが、リアルでは普通すぎて印象に残らない人が、風俗嬢にモテることは可能なのです。
デリヘルでも、ソープでも、回春でも、意外と普通の男性がモテるのです。信じられるでしょうか?
一部の拝金主義者の女性を除いては、意外とピュアな男性に人気が集中するのです。「あなたといると、ほっこりするね」と言われたら、現実世界では、ほとんどが脈なしだと言っていいでしょう。

ところが、デリヘルでも、ソープでも、回春でも、意外と普通の男性がモテるのです。もしも風俗嬢から「あなたといると、ほっこりするね」と言われたら、かなり心の扉を開いています。同じ言葉ですが、言われている状況が違うので、全く異なる意味を持つようになるのです。

デリヘルでも、ソープでも、回春でもそうですが、風俗で働いている女性というのはすごく疲れています。知り合いの風俗嬢の話によると、だいたいのお客は「いかに得をするか、いかに安く口説けるか」ということしか考えていないように見えるのだとか。
そんな彼女も、お客様に恋をする日が来ます。その男性は「お金がかかってもいいから、色々と教えて下さい」と言えるような素直な人だったそうです。打算だらけの世界で、心の純粋さというのは光り輝いて見えるそうです。
デリヘルやソープや回春でモテるには、相手をほっこりさせる能力が必要なのです。